Common sense is not always correct

不定期に徒然書きます

20代からおばさんへの変位を実感した最近の出来事

今年で30歳です

気持ちはまだまだ20代でしたが。

おばさんになったわと実感してきたので以下、最近実感した事を箇条書き

 

□後輩女子の小悪魔発言(?)が聞こえてくると、ついつい揚げ足取りになってしまう

□「女子会」の「女子」の「子」に違和感を覚える

□「とりあえずビール」が社会人のマナーだと思っていたけれど、心のそこから

 「とりあえずビール!!」って言ってる

□キラキラした照明やソファ席が自慢のお店より、煙もくもくの居酒屋が落ち着く

□5つ下の新入社員に似ていると周囲に言われて嬉しい気持ちになる

□上司の小言は5つ聞いたら1つは言い返し、しめしめと思ってしまった

□勢いとか、体育会系だけでは乗り切れない仕事が増えてきた

□化粧品を変えよう、と日々悩んでいる

 

 

ちなみに小悪魔?の会話は

男性社員「最近太ってきたから食事制限とかしてるんだよね」

後輩  「私、男性はたくさん食べる人の方が好きだな」

私   「(誰もあなたの意見聞いてないでしょ。)」

と心中突っ込んでしまいました。

後輩は可愛いしキラキラしてて、そんな会話が似合うのでその場はOK

な流れでした。気にしていたのは私だけね。

 

おばさんとは、すなわち可愛げがなくなってき女性のことだと思います

女のヒトって一定の年齢越えると「可愛げ」が痛い感じになってしまう。

なんで。

可愛げ とは何か。

ある一定の年齢いってしまうと、可愛くなくなる。

周りからの期待値が高いからか。期待値の低いヒトだけ有効な手段なのかも。

 

すなわち、年齢を重ねて周りからの期待値(仕事とか家事とか育児とか)その人に期待する働きが大きくなればなるほど 可愛くしていられない 男女ともに。

だから年を重ねると おじさん おばさん になっていくのかな。

 

でもかっこいい40代、素敵な40代はいるなー。

余裕がある人はダンディな感じだし、女性は美魔女?大人女子?に見える

おばさん の定義が難しい。